イベント

プチセレブな航海

旧職場のMさんからのお誘いで、東京湾クルーズに参加しました。
乗船場所は月島と聞いていたけれど、実際行ってみると私の職場の極近。
あっというまに着いてしまった。。。というか一番乗り(笑)

今日のクルーズの参加者は総勢26名。
旧職場を離れてから3年以上経つし、その間大幅な組織変更があり、
ほとんどが知らない人ばかり。
職場の平均年齢も確実に10歳以上は若くなっていて、
最初別の団体に間違って紛れ込んだのかと思っちゃった
誘ってくれたMさん、Kさん、見覚えのある顔を見て安心。

今日乗船する「エスエス3世号」。
100720_1855_01_2

今回の参加費は少々お高いんだけど、屋形船ではなくクルーザー、
お料理もイタリアンのビュッフェスタイルということで、
たまにはちょっとしたプチセレブ気分を楽しもう。

空がだんだん茜色に染まっていい感じ。
100720_1915_01

で、完全に日が落ちると。。。
100720_1928_01

橋脚のすぐそばを通り過ぎる。
至近距離で見上げると迫力。

100720_1943_01_2

すぐ近くで毎日働いていながら、めったに見ることのない東京の顔。
東京湾の夜景ってやっぱり綺麗。ゴージャス。
地に足がついた生活もすごく大切な事だけれど、
たまにはこんな非現実的プチセレブなイベントで癒されてみるのもいいよね。

| | コメント (0)

城と雪と桜

朝から冷たい雨が降りしきる中、仕事に出かけるよりも早起きして東京駅へ。
今週末は一泊して友人Sちゃんと、私の実家がある上田へお花見旅行なのだ。
東京の桜はすっかり散ってしまったけれど、上田は今がちょうど桜が見頃。
(しかし、とても桜が散った後とは思えないようなお天気。。。

新幹線が軽井沢に着いたあたりから、外は一面の雪景色。
いったい今は何月ですか?!

Ueda_001

上田の駅前にも雪が。
昨日、長野の父やいとこから
「こっちは雪降ってるよ」
「春の格好で来るなよ」
などと忠告や情報が寄せられていた。

今日は真田祭も開催される。
お祭見物の前に、まずは上田城へ。

お城の前には観光客に混じって、おそろいのはっぴを着たおじさま方。
背中には「シャッターマン」の文字が。
写真撮影スポットで観光客に声をかけ、シャッターを押してくれるというサービスを、
地元の方々がボランティアでやっているらしい。

満開の桜に降り積もる雪。
この季節に雪が降るのは40年ぶりということだ。
こんな景色に出会う事は、もう数十年ないかも。

地球温暖化による異常気象なのかなー。
だったら、こんな景色見るのは最初で最後が良い。

Ueda_020

お濠の満開の桜も、雪にこごえて。
雪の重みで枝が折れているかわいそうな木もあった。

陸上競技場で行われる予定だった真田祭の一部は、積雪の為会場を市役所前に変更。
市役所前は大混雑で、次の目的地のお蕎麦屋さんへ行くのに通り抜ける事もできない。

和太鼓のイベントが終了したところで、やっとこさ「刀屋」さんへ。
Sちゃんはもりそば(小)、私は天ざる(中)をいただく。
ここの盛りは、中→普通、普通→大盛、大盛→メガ盛(!!)
というふうになっていて、最初ちょっとドキドキしながら中を頼んだ。
100417_1226_01

盛りの違いを見よ(笑)

100417_1227_01

最初はSちゃんに「手伝ってくれるよね?」などと弱気にお願いしていた私だったが、
つるっと完食
次回は普通盛りに挑戦だ。

再び市内に戻り、中央通りで開催される上田獅子や武者行列を見物。

Ueda_024

Ueda_027 

この日のメインイベントでは、大河ドラマ「天地人」で真田幸村を演じた城田優くんが
ゲストで来ていたが、あまりの人だかりで後頭部と横顔がチラリと見えたのみ。。。残念。

私の両親と合流し、別所温泉へ。
別所温泉はさらに山間なので、まだまだつぼみの固い桜が何本もあってびっくり。
見頃はゴールデンウィークあたりだろうか。

Ueda_035

三重の塔にもこんなに雪が降り積もっていた。
まるで真冬。

久しぶりに訪れた外湯も新しくきれいになっていた。
「かけ流しの温泉に500円で入れるなんて」とSちゃんは感激していたが、
お蕎麦にしろ温泉にしろ、田舎はめちゃくちゃコストパフォーマンスが良い。
首都圏に比べると収入が低いというのもあるけれど。

夕食後、駐車場に向かうと夜空には打ち上げ花火が。

Ueda_038

明日行われる市内の神社の御柱祭の前夜祭ということらしい。
7年に一度行われる御柱祭は諏訪が一番有名だが、
同じ時期、長野県内にあるあちこちの神社でも実は御柱祭が行われている。
こどもの頃、神輿に参加したっけなー。

一泊二日、駆け足だったけど盛りだくさんな旅であった。

Ueda_007

上田城前にて。
「城と雪と桜」撮影:シャッターマン

| | コメント (0)

馬と桜

今日はお昼からYくん一家とお花見。
ところが朝から四月とは思えない寒さで、
いったんスカート+ジャケットで出かけようとしたけれど、
部屋から一歩出たとたん「。。。無理」
春の装いはあきらめ、ジーンズ+ダウン+ブーツという完全な
冬装備に着替えて再出発。

今回のお花見場所は世田谷区の馬事公苑。
世田谷育ちのYくん一家にはおなじみのお花見スポットということで、
今回私は初めて参加させていただいた。
お天気はあいにくの花冷えだったけれど、桜はあちこちで満開。
昔からここでお花見しているYくんやご家族の話では、
花見客も年々増えているとのこと。

大人が寒さに身を縮め花見酒で暖を取る横で、
子供たちは元気いっぱい。
半袖で苑内を走り回ってるし

091108_122301_2

広い苑内には、馬場はもちろん池まであり入場料も無料なので
家族で来て子供たちを遊ばせるのにはもってこいの場所かも。

100404_1436_01

調教中のお馬さん。

100404_1455_01_2

なんと二本足で立ち上がった。
「おおっ、フェラーリ」とテンションがあがる

100404_1451_01_2

夜までお天気は持つという予報だったけど、
雨がポツポツ降ってきたので3時ごろ撤収。
ペットボトル入りの赤ワインと、Yくんお母様の手作り花見弁当で
おなかも一杯になり、体もいい具合に暖まった。

100404_1446_01

木の幹にぽつんと咲いていた一輪。
こんな桜もかわいいね。


| | コメント (0)

朝EXPOに参加する・その2

朝EXPO第二弾!
今日は「SKY BUS 丸の内ガーリー風水散歩」に参加しました。
皇居の周りをSKY BUSという屋根のないバスで一周しながら、
風水の先生のセミナーを聴くというコンテンツ。

懸念された雨はあがりましたが、
途中木々の枝から落ちてくる水滴をよけるため、
全員に白い半透明の雨合羽が配られました。
みんな「てるてる坊主」みたいな格好になってバスに乗り込みます(笑)。

こんなカッパ必要なんだろうか?と思った矢先、
バスが通り過ぎる時銀杏並木の枝に当たって大量の水滴が降り注ぐ

皇居でいったんバスを降りて芝生の中に入り、
先生からデトックス効果の高い呼吸法をレクチャーしてもらいました。
腹式呼吸をちょっとアレンジしたものだったのですが、
腹式呼吸を確認する為に芝生の上に寝転がったり、
一斉に呼吸法を実行する妖しい白い雨合羽の集団(笑)。

雨に濡れて立ち上ってくる芝生の匂いと松の匂い、
いっぱいに吸い込むと清清しく浄化されていくような気がしました。

ちなみに、松というのは非常に「陽」のパワーが強い植物なので、
邪気が付いたと思ったら松の樹の下に行くと良いそうです。
だから主君が住まう敷地には松の樹が多く植えられているのかな?
皇居しかり、兼六園しかり。

そのほかにも、オフィスでネガティブな人からの気を受け取らないようにする風水術とか、
付いてしまった邪気を落とす方法とか、実際的なお話が聞けてなかなか有意義な一時間でした。

朝の7~9時は風水的には「ドラゴンタイム」と言われ、
この時間帯を充実させることで運気はとてもアップするそうです。
そういえば、ことわざにもありましたっけ。
「早起きは三文の得」。

昔の人の格言は、本当に人生の普遍的真実をついているな~と改めて思います。

| | コメント (0)

朝EXPOに参加する・その1

丸の内で半年に1回開催されるイベント「朝EXPO」に参加してきました。
私が今日参加したコンテンツは「マンダラ塗り絵でカラーセラピー」。
朝7時半開始のコンテンツは、あっという間に教室が一杯になりました。
おそらく40名近く受講者がいたと思われます(9割が女性)。
みんな早起きだなぁ。。。

一つのテーブルはだいたい4~5人掛け。お向かいに座った初対面の女性と目が合い、
「おはようございます」と思わずご挨拶。
お互いはにかんで笑っちゃいましたが
「おはよう」って素敵な言葉だなぁ、なんて改めて思ったりして。

およそ1時間のコンテンツですが、講師の先生のお話では、
本格的なマンダラ塗り絵カラーセラピーはカウンセリング含め2時間程かかるんだとか。
なので、今回は簡単な体験講座と考えてくださいねーとのこと。

各自の手元に同じ図柄のマンダラが印刷された厚紙が配られ、
12色の色鉛筆を使って塗り絵スタート。

「どこから塗ろうかな。。。」
「この色が使いたいんだけど、バランスを取るにはどんな色を合わせよう?」
気がついたらすごく集中して塗り絵の世界に入り込んでいました。

あっという間に塗り絵タイム終了。
「もっと続けたい」という気持ちと、
短時間に自分でもびっくりするほど集中できたことの気持ちよさ。

その後先生の解説がありました。
「塗り絵の色をなかなか選ぶことができない人はストレスを抱えている」
うーん、わかるような気がする。
塗り絵に使う色数の多さ・少なさでは、その人の積極性がわかるんだとか。
筆圧の強弱に表れるのは、体力気力の充実。
さらに、自分が塗り絵に使った色で一番気になった色から分析。

今回私が一番気になった色は「紫」。
解説によると、
「感じ取り過ぎて疲れていないか」(。。。最近そうかもね)
「完璧を追いすぎて神経質になっていないか」(うっ。。。昔マッサージの先生にも同じ事言われた~)
「現実を直視せず、引きこもっていないか」(思春期の頃からそういう傾向は直らず)
「排他的なナルシストになっていないか」(自分の価値観が一番大事。相容れない人に対してはコミュニケーション拒否。)

くー!!あたってるじゃないか。
なかなか深いです、マンダラ塗り絵。

ちなみに、塗り絵がもたらすセラピー効果は、
「枠からはみ出ないように塗ろう」と神経を使うことで左脳を活性化し、
「クリエイティブな気持ち」になることで右脳を活性化し、
両方の脳をバランス良く使うことにあるんだとか。
(マンダラのような左右の対称性が強い図形を塗ることは、一層セラピー効果が高まるそうです。)

日常生活で、左脳&右脳をバランス良く使う行為は「料理」。
「時間、分量を意識する」⇒左脳を活性化
「調味料、盛り付けを工夫する」⇒右脳を活性化

私は常々、
「お料理すると気分転換になる」
「何を料理するか考える事が楽しくてたまらない」
という人に会うたび、
「めんどくさいのに。。。偉いな~」
「私も見習わないといけない!」
という気持ちを抱いてきましたが、
今日の塗り絵セラピーを体験してちょっと見方が変わりました。

塗り絵セラピー、雑念を排除して集中するのはすごく楽しかったし、気持ちよかったです。
「お料理大好き」という人達も、料理する事で同様に脳内の快楽を感じているとしたら、
そりゃこんな楽しい事は止められないですよね♪

081003_233801

| | コメント (0)

ガーデンシネマ

東京ミッドタウンで開催中の『ガーデンシアターカフェ』に行ってきました。

会場の芝生広場は、
映画をじっくり本気で鑑賞する「シアターゾーン」、
テーブルが設置してあるカフェ形式の「カフェゾーン」、
芝生に気ままに寝そべってゆるく雰囲気を楽しむ「ラウンジゾーン」
の3か所に別れていて、
私たちが目指したのは「ラウンジゾーン」。

080808_184401_2
到着したのは夕暮れ時。
芝生公園目指して歩く人に混じって、
ベンチでくつろぐ人がいたり、気ままにお散歩している人がいたり。

そして、あっという間に日が暮れて、
宴会。。。じゃなかった(笑)映画鑑賞スタート。
本日の上映は「スタンド・バイ・ミー」。
事前に仕込んだワイン&食べ物をレジャーシートに並べ、
ワイン片手にスクリーンを眺めながら、友達とおしゃべり。
都心の真ん中である事を一瞬忘れる涼しさ。
不思議だなー。日中あんなに暑かったのに。
自然の、植物の力ってすごい。

080808_185802_2

入場無料のラウンジゾーン、一度封切りされている映画という事もあり、
私達含め周りで見ていた人達も、マニアックな映画ファンという感じではなくて、
思い思いのスタイルでくつろいでいました。
映画が終わった後も、結構芝生広場に残ってまったりしている人が多く、
私たちもミッドタウンの中にあるスーパーで追加のワインと食べ物を
購入し、心ゆくまで夏の夜をエンジョイ。

なぜか突然右足の脛をつってしまったり、
(しばらく芝生の上で悶絶してました。。。^^;)
映画上映中から私たちの前でずーっといちゃついていたカップルの女の子が、
原因はわからないけどいきなり猛烈に怒り出して帰っちゃったり、
と、いろいろハプニングはありましたが、
自然の中にいると、細かい事はあまり気にならないものなのでした。

| | コメント (0)

もんじゃde屋形船

月島で『もんじゃ屋形船』に乗船してきました。

001

一週間位前から、週間天気予報と何度もにらめっこ。

最初「曇り時々晴れ」だった予報が、土曜日にはとうとう

「曇り後雨」の表示になってしまったぁ。。。(焦)

でもでも、日頃の私達の行いが正しかったためか、

2時間のランチクルーズの間お天気はなんとか持ったのでした。

私達6人のグループだったのですが、何故か鉄板は2:4に分かれてる。

Sさんが「もんじゃ焼くの得意」と言ったのを私は聞き逃さなかったね。

すかさず自分側の鉄板に引き込む食い意地の汚さ ^^;

(ごめんよ~みんな)

007_2 

華麗なるSさんの焼き

たいへん美味しゅうございました。

月島⇔お台場間の運行だったので、

途中、例の球体も見えました。

006

それにしても、月島は下町っていうイメージだったのに

周辺って高層のマンションがいっぱい。

クルーズしていても、あっちにタワーマンション、

こっちにもタワーマンション。

これじゃ、水面を渡る涼しい風が全部遮られて、

ヒートアイランド化するわけです。

お腹いっぱいになった後、デッキに出たら

水面を渡る風が涼しくて心地良かったです。

梅雨の真っ只中にいることを一瞬忘れました。

045 

今回『もんじゃ屋形船』クルーズに付き合ってくれたのは、

昔アウトソーシングの会社で正社員として一緒に働いていた仲間。

013

会社的には色々問題もあり、

上司も人間的にオカシナ人ばっかりでしたが、

同僚にはとても恵まれていました。

会社も上司も頼りにならなかったから、

スタッフみんなの結束が固かった。

色んなピンチをみんなにはたくさんたくさん助けてもらったなぁ。

その後派遣で働いてた某研修会社も、同僚には恵まれていたし。

自分が恵まれている事に慣れっこになっちゃうと、

隣の芝生が青く見えてくるのが私の悪い癖。

たまには昔お世話になっていた友人達に会って、初心を思い出そう。

謝々。

また楽しい時間を共に過ごしましょう。

030

デザート。屋形船のお姉さんが焼いてくれた「あんこ焼き」。

飲んだ後の〆に甘い物はちょっと。。。って思ったけど、

小豆のさっぱりした甘さとモチモチした皮の食感が何ともいえず美味しかった♪

|

お花見第三弾・井の頭公園

今シーズンのお花見オーラス、

某研究所時代のOG4人で井の頭公園へ行って来ました。

今年はタイミングが良かったのか、

2週間にわたりお花見ができてすごく得した気分♪

吉祥寺ロンロンで、しこたま食料とお酒を仕込み、公園へGO!!

ある程度覚悟はしていたけれど、すごい人出

なんとか場所を確保し、セッティングしてから宴開始。

「今期のドラマはいまいちだったね~」とか

「キムタク主演の月9は何故5月スタートか」などなど

ワイン片手にガールズトークに花が咲く

あ~女の子同士っていいな。楽しいな。シアワセ。

この宴にはサプライズが。

突然「HAPPY BIRTHDAY」をコーラスする3人。

ちょっと早めに誕生日祝いしてもらっちゃいました。

この日、私は12時に駅で待ち合わせと聞いていたんだけど、

他の3人は1時間早く待ち合わせしてサプライズの準備をしてくれていたらしい。

768100788_45s

素敵な仲間が用意してくれた素敵なプレゼント。

酒飲みのツボを心得ています~♪

(ビールはもう1本あったんだけど、その場で飲んじゃいました)

年をとるのは正直言って心中複雑だけど、

「誕生日がなかったらこうしてみんなと会えることもなかったわけだから」

という友の言葉が心にしみました。

ホントそのとおりだよねぇ。

ありがとう!!感謝感謝。

768100788_199s

カップルが乗ったら別れるという噂のボート。

水面は散った桜の花びらでピンク色になっていました。

この後お茶のお稽古だったのですが、

帰りの電車でふと思い出しました。

「花筏(はないかだ)」というお茶杓の銘があるのですが、

これはまさに水面に散り敷いた桜の花びらのこと。

その場でパッと出てこないのが、まだまだ未熟者ですなー。

|

お花見第二弾・夜桜

靖国神社の夜桜見物に行ってきました。

一昨年の『夜桜能』の話をしたら、会社の人が見たいと言うことで 、

今年は奮発して指定席のチケットを取り、能楽堂へ。

九段下の駅~靖国神社の大鳥居、境内まではすごい混雑。

関東でお花見が楽しめる週末は今日が最後だもんね~。。。

ところが、二の鳥居をくぐり能楽堂へ一歩足を踏み入れると、

同じ敷地内とは思えない静寂が空間を支配しています。

766260626_152s

火入れ式ののち、演目は

 舞囃子 『岩船』

 狂言  『水汲み』

 能   『杜若(かきつばた)』

ここでもイヤホンガイドの助けがないと何もわからない私 。

でも、今年はやや舞台に近い席だったせいか、

能面が、縁者と装束・所作によって、本当に妖艶な美女に

見えてくる不思議な感覚を味わうことができました。

766260626_1s

能の役者の動きもすごい。

歩く時もそうですが、振り向くしぐさをするときも、

頭・肩・首が微動だにせず水平を保ったまま。

生身の人間を押し殺した動きが、

妖しい杜若の精そのものという感じでした。

舞囃子の途中、風もないのに突然ハラハラと桜の花びらが散りました。

その直後、地面に揺れが

後で知りましたが、この時茨城県南部を震源とする地震が発生し、

千代田区あたりは震度3だったそうです。

桜は地中深く根を張っているので、人間よりも早く

地震を察知するのでしょうか。

客席は若干ざわめきましたが、さすが舞台上の演者さんたちは、

何事もなかったかのように舞囃子を続けていました。

幽玄の世界を楽しんだ後は、俗世界の楽しみ・屋台へGO !!

たこ焼きとおでんをGETし、屋台で乾杯~

「さっきとは真逆の世界」を堪能したのでした。

何百年も連綿と続く伝統芸能の世界。

私達より遥かに長生きする桜の樹。

それに比べりゃ人生なんて短い短い。

楽しまなきゃ損だと思うのです。

|

お花見第一弾・目黒川さくらフェスタ

今週末が都内の桜も見頃ということで、

目黒区が主催する「目黒川さくらフェスタ」に行ってきました。

「ふだん静かな川辺がおしゃれなオープンカフェに様変わり。

おいしいワインや本格的な石窯で焼くピザを味わいながら、

ジャズと桜を楽しむ新趣向の観光まちづくりイベントです。」

(目黒区HPより)

中目黒の駅に到着し、トイレに行くと早くも大行列 !

うっひゃあ~これは嫌な予感。。。

改札でYちゃんと落ち合い、ゆるゆると目黒川方向へ。

759531909_191s

目黒川沿い桜満開!!

テンションが徐々に上がる

川沿いのカフェで小腹を満たした後、

ジャズ演奏が行われる特設会場へ。

特設会場内では、石窯で焼くピザ販売中。

こちらも大行列なんだけど、会場で演奏されるJAZZや

ボサノバを聴きながらの行列待ちなので、さほど苦になりませんでした。

一緒に行列に並んでいた目黒区在住のマダムが私達に話しかけてきて、

目黒川の歴史やら、目黒区に住む芸能人の裏話を聞き、しばし盛り上がる(笑)

「美空ひばりの豪邸にある見事な桜、見てみたいね~」

「台本読みしている海老蔵を見に○○公園行きたい!」

などと歓談していたら、あっという間に私達の番になり、

ピザとフランクフルトを注文。

即席に積み上げたレンガ造りの窯で焼かれるピザはすごく美味しそう。

私はてっきり、目黒区のイタリアンレストランが出張販売を

しているのかと思っていましたが、

実は目黒区の建設業者有志の方達が出店しているという事でびっくり !

だって窯の前でピザ焼いている男性なんて、

いかにもイタリアで修行してきたピザ職人って雰囲気を漂わせているんだもん。

でも、建築も料理も「モノ作り」というカテゴリは一緒だから、

極めると雰囲気が似てくるのかもしれませんー。

759531909_178s

食料とワインをGETして会場へ。

前半の「アフタヌーンライブ」が終わり、30分のインターバル後、

後半「イヴニングライブ」が始まりました。

後半は女性のヴォーカリスト、マリア・エヴァさんを迎え、

ライブは一挙に華やかな雰囲気。

ジャズ・ヴォーカリストってかっこいいなあ。

午後になると空には雲が広がり天気は『花曇り』。

気温も下がってぐっと寒くなりましたが、

桜と音楽、美味しいワインを堪能した春の午後でした。

759531909_70s

|

より以前の記事一覧