心と体

挑戦!

実は先月から家の近所のフィットネスクラブに入会しています。
3日坊主になったら。。。と思いつつ、なんとか1カ月が過ぎ、
週2、3回位は定期的に運動することがどうにか習慣になりつつあります。

前年度比では体重は微増なんだけど、
体脂肪率が爆発的に増えているんだよねー

そこのフィットネスクラブは、家の近所で
「通いやすそうだな~」と以前から気にはなっていたんだけど、
先月入会金+月謝1カ月無料キャンペーンをやっていたことと、
「脂肪は筋肉より20%容積が大きい」という恐ろしき現実に背中を押され、
入会を決意したのでした。

体重が変わらないから。。。と安心(油断)していても、
体脂肪率が増えていたらビジュアル的には体の大きさが数倍に膨れ上がってる
てことだもんねぇ。おそろしやおそろしや。

自分の経験から言えば太っていて良かった事なんてひとつもなかった。
他人様を見ていても、電車の座席1.2人分専有しているデ。。。いやいや、
容積の大きな人見るとなんだかゲンナリするのが正直なところです。

フィットネスクラブで、今日から「体脂肪撃退コンテスト」が始りました。
このところ運動する習慣も定着しつつあるし、
優勝者にはちょっとした「ご褒美」も出るようなので、
私も早速エントリーしました。

体脂肪率激増の原因となった「お酒」も私の場合は非常に大きなボトルネックなので、
とりあえず2か月弱の期間は、

①自宅禁酒(外飲みは月2回までOK)
②週3回フィットネスクラブへ通う

というシンプルな義務を自分に課してみようと思います。

| | コメント (0)

チョコレート中毒

私はここ数日というもの『チョコレート中毒』におちいっている。

『チョコレート中毒』とは。。。

なんだかムラムラとチョコレートが「一気に」「大量に」食べたくなり、

会社近くのハナマサで『お徳用ミルクチョコレート』を買い込んだのが一昨日。

それを会社の机の引き出しに仕込み、

ムラムラ。。。っと煩悩が訪れる度、引き出しを開けてひとつ、ふたつと食べていた。

私の勤務する職場では毎朝簡単な清掃を従業員全員で行うのだが、

昨日今日と私の机のそばに設置されたゴミ箱の中身ををゴミ収集袋に空けると、

中から大量のチョコレートの包装紙が!!

げげ~

いったいいくつ食べたんだろ

(考えたくもない。。。)

『チョコレート中毒』 の原因を考えてみた。

思い当たるのは以下三つ。

①雨が続くとイライラする。

(私は温度よりも湿度に極端に弱いのです。「寒さ」「暑さ」は意外と平気

②夏休みにこしらえた靴ずれが一向に良くならない。毎日痛い。

③ありきたりですが生理中。

ちなみに、甘い物なら何でも良いというわけではなく、

(お土産で配られたお菓子にはサッパリ食指が動かなかった)

カカオの香りとチョコレートのねっとりした口どけの食感がたまらなく恋しい。

今日は久々に雨が途絶え、初秋を思わせる快適な1日だった。

折り良く税務署へのお使いを指示され、散歩がてら税務署まで往復小一時間。

結構歩いたのに、不思議と昨日ほど靴ずれの傷も痛まない。

引き出しに仕込んだチョコレートも、今日は勇気を出して数えてみたら

三個しか食べていなかった。

そろそろおさまりつつあるのかな、『チョコレート中毒』。

いや、そろそろおさまってくれなきゃ困るぞー

| | コメント (0)

女性ホルモンの真実

昨夜、元職場の先輩・Kさんと会って久しぶりに飲みました。

Kさんは大変な健康オタクで、その知識たるや

みのもんたをしのぐかと(笑)

昨夜も「健康関連ネタ」で盛り上がりました。

最近、大手不動産会社が豊洲などの再開発地域に

こぞって建てている「タワーマンション」。

バックステージで働いていて、何故か男性は高層階に住みたがり、

女性は低層階を好む傾向があるのに気が付きました。

女性は男性に比べて現実的、という理由もあるのかもしれませんが

(エレベーター故障したらどうしよう、とか)

地上とは気圧の異なる高層階は女性ホルモンの働きに

あまり良くない影響があるようなのです。

具体的には、生理の周期が乱れるんだって。

これは、かつて都心の高層階(33階)で毎日働いていたKさんの体験談。

同僚や先輩後輩、皆生理不順で悩んでたそうです。

「○人に一人」なら分かるけど、全員そんな状態になっちゃう

のはやっぱりちょっと異常です。

表面に現れる影響がそれだけ顕著にあるんだから、

目に見えない体の中でどんな事が起きてるのかと思うと、

ちょっと怖いですよ。。。(ー'`ー;)

女性は「産んで育てる性」だから、タワーマンションの高層階を嫌がる、

っていうのは何か本能的に避けているのかも。

そして、もうひとつはちょっとオトナ?な話題なのですが、

Kさんは今大学で非常勤講師のお仕事をしています。

男女共学なので、毎週若い男性にも接する機会がぐんと増えたそうです。

すると、不思議なコトに毎月の女性のサイクルがすごく活発になったのだとか。

最初「え~?!」「きゃ~(//∇//) 」って思ったけど、

人間だって動物だもんね。

遺伝子レベルで『子孫を残そう』とプログラミングされているわけだから、

チャンスがあれば女性ホルモンが活発にはたらき始めるのでしょう。

まだ独身のワタクシは、毎日の環境も大切なんだなー、

って思いました。

女性ホルモンのはたらきなんて、自分の意志や理性だけじゃ

100%コントロールできないもんね。

「高齢者だらけの職場」「女性ばっかりの職場」、

どちらも実は私達女性の健康にはあんまり良くないのかも。

そんなこんなで盛り上がり、昨夜は終電近くになっちゃいました。

いやいや、この不摂生が一番良くないって。。。^^;

|

疲労困憊。。。

「働く女性7割以上が疲労困ぱい」

今日、ネットを開くなりこの記事が一番最初に目に飛び込んできた。

自分の周りを見渡してみても、この数字は妥当で納得いくものだと思う。

さいわいな事に私自身は今のところ心身健康だけど。

実は今日、会社で心痛む出来事があったので、よけいこの記事はしみる。

働く女性の7割以上が疲労困ぱいしている社会なんて、どう考えたって間違っている。

|