« 雨上がりの | トップページ | 京都へ2 »

京都へ1

今週末、華道教室の出展の為京都へ行ってきました。
実は茶道と同じ教室で12年ほど前から華道も習っています。
「御室流」(おむろりゅう)というあまり巷では聞き慣れないこの流派、
家元が京都・仁和寺なのです。

仁和寺は皇室ともゆかりがあり、世界遺産にも指定されている大変由緒ある寺院ですが、
代々住職が御室流の家元を務めるということもあり、
毎年流派の華道展に仁和寺を会場として提供しているのです。

毎年このイベントに参加するのは、先生と大先生(つまり先生の先生)、
教室でも私よりずっと華道歴も師範歴も長い先輩方。
まあ教室でも支部でも私は堂々の?若手なので(笑)、
仁和寺の華道展行くなんてまだまだ先の話だわ~と思っていました。
が、諸般の事情があり、
去年の暮れに先生から打診を受けたのでした。

しかし、参加するとはいえ・パンフレットに名前が載るとはいえ、
華道の世界はヒエラルキー社会。
実質構想を練り、デザイン・制作するのは小田原支部長である大先生。
今回参加の若手(えへ)、私とMさんはまあ「お手伝い」「お勉強させていただく」
というスタンスであります。

心配していたお天気ですが、
(作品は一部お庭に展示するモノもあり)
制作中はなんとか持ちこたえてくれました。

制作中も仁和寺は当然のことながら一般観光客の拝観受け付けているので、
お庭での大掛かりな制作・しかもちょっと前衛的な大先生の作品、
注目を浴びることこのうえなし
012
「まあ、この黒い実のような植物なにかしらぁ?!」
問いかけてくる観光客のおばちゃん軍団を適当に煙に巻く大先生。
うーん、いろんな意味でさすがさだわ(笑)

お庭の展示はこんな感じ。
009

010

夜は知恩院そばの「蓮月茶屋」でお食事。
(まあ偶然!私の華名といっしょじゃん・
総勢11名の団体さんです。
豆腐料理コースをいただきました。

宴会の効率を配慮して、大先生を中心に左右に
「お酒が飲めるチーム」「飲めないチーム」
と別れているのがなんとなくおかしかったです。
まあ、私は当然の事ながら「飲めるチーム」に入れていただきました。

大先生と小田原支部のお弟子さんはそのまま新幹線で帰京されるということで、
お店の前でお別れ。
残り9名も八坂神社、祇園あたりまで散策したあと流れ解散。

これからは夜のお楽しみタイム。
明日の午前、仁和寺で献華式があるのであまり夜更けまでは。。。という事もあり、
Mさんとデパ地下でワインとつまみを調達
ホテルに帰ってまったり飲みました。
長い1日だったよね~と互いに労をねぎらいつつ、ワインで乾杯
癒される瞬間だわ~。
ワイン通のMさんから「ワインに悪酔いしない飲み方」など伝授させていただき、
(ナイスアドバイスでした、先輩~。私も次からそうしよう。)
京都の夜は更けたのでした。

|

« 雨上がりの | トップページ | 京都へ2 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

お久しぶり~香音ことetsuです。

お庭とお花の風情が絵になるわ~
ステキだね☆
んで、この黒いのってナーニ?(笑)

ブログ、リンクさせていただきました。
よろしくです <(_ _)>

投稿: etsu | 2009年5月22日 (金) 00時02分

etsuさん

こちらこそご無沙汰しています~
悪天候の中駆け足の京都行でしたが、
仁和寺で花を活けるなんて、めったにできない経験で良かったです

黒いものの正体は発泡スチロール。
どういう加工をしたらシュワシュワするのかは。。。謎です。

こちらもさっそくリンクさせていただきました!
よろしくです♪

投稿: GANKO | 2009年5月22日 (金) 17時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 雨上がりの | トップページ | 京都へ2 »