« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

さくらと巣鴨探訪

最後の有給を使い、今日はさいたま芸術劇場へ舞台「ムサシ」を観劇に。
開演の18:30まで時間があったので、

六義園でお花見 → ジモティーSちゃんガイドで巣鴨散策

という盛りだくさんのスケジュール。
お昼頃、JR駒込駅でSちゃんと待ち合わせ。
ところで事前のリサーチだと、駒込駅近くにカレー通をうならせる
ネパール・カレーのお店があるという。
花より団子、まずは腹ごしらえ。
地図を片手にお店を探す。

ネパール・カレーのお店「TAAL」

私達は開店一番乗り。
テーブル席とお座敷?を選ばせてもらうことができたので、お座敷へ。
お座敷といっても、クッションやカーペットがエスニックで、
マハラジャみたいな雰囲気。
だんだん気分も盛り上がってくる。
カレー二種類を選べるダルバート・セットを注文。

私が頼んだのは、野菜カレーとチキンカレー。
ちなみにこのお店の看板メニューは激辛と評判のマトンカレーなんだけど、
この後お花見もあるし、観劇もあるし、おなか壊したら困るよね~。
と、ちょっと守りに入ってしまいました(笑)

090331_122001

インド・カレーのナンよりは薄い、クレープみたいなパンが香ばしくて美味しいの。
クレープの下にはサフランライスが隠れています。
ランチプレートにもれなくついてくる豆のスープもガーリックがきいて美味しかった。
最後はチャイで〆。
お腹も心も満たされて、いざ六義園へ。

六義園を代表する名物・枝垂桜の前は平日の日中なのに大変な賑わい。
本当に日本人は桜が好きなんだなぁ。
090331_131801 
やや曇り空だったのが残念。
枝垂桜を堪能した後、園内を見学。

枝垂桜も見事だったけど、「都内にこんな静謐な場所があるなんて」
と感動するくらい手入れされた日本庭園が見事でした。
桜が終わったあとはつつじ・さつき等お花の見所が続くみたいなので、
また是非訪れてみたいな。

庭内を抜けて、巣鴨商店街へ向かう。
駒込から巣鴨迄は一駅なので、Sちゃんとおしゃべりしながら散策。
駒込は閑静な住宅街が多い。
そんな中、Sちゃんもごひいきにしているという、
地元のケーキ屋さんへ案内してもらった。

やはりこのお店も平日昼間だというのに、テーブルはほぼ満席。
既に売り切れているケーキもあり、本当に人気店のようだ。

090331_143101
30歳過ぎてから、ほんとにケーキって口にしなくなった。
若い頃は飲みに行った後喫茶店に入り、スイーツで〆とかやっていたのに。
しかし、見た目も可愛らしく華やかなケーキは女性ホルモンを
活性化してくれるような気がする。
いや、根拠はないんだけど何となく
自分へのご褒美でたまにここへお茶しにくるというSちゃんを見習い、
私も自分へのご褒美はアルコールではなくたまにはスイーツにしてみようか。

お待ちかね、巣鴨商店街入り口。
090331_150201
おお~、ここが巣鴨かー。
道行く人の年齢層、やっぱり他の町に比べると高いです。
商店街のお店をひやかしながら、とげぬき地蔵へ。

とげぬき地蔵の参拝には、長蛇の列ができていた。
私たちも列の最後尾に並ぶ。
境内で焼いているお団子の香ばしい匂いがたまらない。。。
(さっきケーキ食べたばかりなのに)

この所首の右側の神経痛がまた再発しそうな気配なので、
お地蔵様の首の辺りに念入りにお水を掛け、
「神経痛が再発しませんように」とお願い。

巣鴨商店街を満喫し、ちょうど良い頃合となったので、
私たちは観劇の為電車に乗ってさいたまに向かう事にした。

舞台「ムサシ」の感想は、また後日UPしまーす。

| | コメント (0)

春のわかれ

昨日29日は、セカンドのお仕事でお世話になっている
現場の上司・K所長の最後の出勤日でした。
住宅分譲の現場では、販売に先立ってモデルルーム・事務所開設、
販売が収束へ向かう中で人が減り、入れ替わり、やがてクローズという
サイクルの繰り返しになります。

セカンドのお仕事を始めて今年で6年目になるけれど、
K所長は、今までご一緒させていただいた所長さんの中では
人柄・指導力ともに素晴らしい方だったと思います。
特に新卒くんへの指導などは傍らで聞いていて、
私自身勉強になる事が多かったです。
年齢を重ねていくと、どこの職場でも即戦力として迎えられる事が多くなるから、
「できてあたりまえの事」は中々はっきり言葉に出して指摘してもらえなくなります。
原点に立ち返るという意味で、忘れていた事を思い出させてもらったり。

あと、K所長の素晴らしいなと思った点は、「傾聴のスキル」があるということ。
新卒くん、現場で働いているパート社員の人、私も含め、
どんな忙しいときでも皆の声に耳を傾け、
質問には丁寧に対応してくださったのが印象的でした。
昔研修会社で働いていた時、「コーチング」がブームだったんだけど、
その中でも「傾聴のスキル」というのは繰り返し強調されていました。
簡単にいうと、人って組織の中での地位や立場が上がれば上がるほど、
他人の話には耳を傾けなくなる傾向がある。。。らしい。
(しかし、当時のトレーナーいわく「傾聴のスキル」は学ばなくても最初から
できている人はできてるし、逆もしかり。。。と暴露していましたが
なかなか同じ所長さんと二度目、三度目という機会はないんだけど、
またどこかで一緒にお仕事する機会があったらいいなぁ。

そして、今日は昼間のメインの仕事の最終出勤日。
2年弱お世話になった職場だが、なんの感慨もありません。
入社した当初から色々なことがあったけど。
改めて振り返ってみる。
「私がこの職場で得たこと・学んだことって何?」

。。。無い!!

ふう~。
仕事を指示する際、目的・背景の説明は一切ない。
全体の中で自分が何をやっているかもわからないので、
質問のしようがない。
2~3ヶ月単位の組織変更・人事異動。
中途採用の場合、自分の経験との相対評価で組織の異常さに気付くけど、
新卒採用の場合は本当にかわいそう。
会社自体に人材育成力がないから、ここの会社で在籍年数を重ねても、
不動産業界のスペシャリストとして、あるいはスタッフ部門のスペシャリストとして
身につくものはほとんど皆無でしょう。

昨年からリストラまつりが恒常化し、先月も部署から3名退職。
来月以降も毎月退職する人が目白押しらしいから、
体裁とりつくろうだけの送別会も花束もばかばかしく、
私の方から全て辞退させていただきました。
直属だった30代前半の上司に、勝間和代さんの「断る力」
私からのお餞別でお渡しした。
この会社で常識となっているモノサシとは別のモノサシが、
世の中に存在することを心に留めておいて欲しかったから。

もうこの会社と二度と関わる事はないだろうな。
この会社で一緒に働いた人たちとも。
淡々と最後の業務をこなし、定時に仕事を上がって帰途についたのでした。

| | コメント (0)

しあわせのおすそわけ

昔の職場の後輩・Sちゃんの結婚式に招待されました。
まわりの結婚ラッシュの第一次・二次も過ぎ去り
結婚式にご招待いただくなんて本当に○年ぶりだよ~。

「GANKOさん良い席用意しましたから!」
とSちゃんが事前に言っていたとおり、
最前列センター・新郎新婦雛壇の真ん前。
こ、光栄です。。。と同時にちょっぴり緊張。
が、しかし新郎新婦の入場と同時に、デジカメ持って動き回る。
(あとでデジカメ見て、自分の写真の腕にがっかり
もっと練習しておけば良かったー。。。)

Sちゃんはお式から披露宴まで全て和装で通すというこだわりがあり、
近頃洋装の花嫁さんを見慣れていたので新鮮でした。
ウェディングドレスはともかく、お色直しで着用する色ドレスは
その時々のトレンドを取り入れているせいか、
数年後に改めて写真を見るとギョッとする事が結構あったりする。
その点着物はそこまで大それた失敗もない気がするし、
振袖を着る最後のチャンスだものね。
初めてお目にかかる新郎・Yくんも、
和装の似合うキリッとしたお顔立ちの日本男児でした。

余興のひとつに新郎新婦のピアノ連弾がありました。
紋付袴の新郎と振袖姿の新婦がグランドピアノの前に座り、
ピアノ演奏する姿は、レトロでクラッシックな雰囲気。
とても素敵でした。

ところで、私がご用意していただいた席は、
新郎側の主賓である会社の上司・先輩方、
新婦側の主賓であるSちゃんの小学校時代の恩師M先生、
高校時代の同級生という構成。

隣に座られていたM先生とお話してビックリ!
先生は私と同じ長野県のご出身で、
(しかも結構近い市町村)
現在は教職を退かれ、実家でぶどう栽培をなさっているとか。
(先生のご実家の辺りは、県内でも有数のワイン産地)

お話しているうちに、M先生の温かいお人柄もあり、
自分の担任の先生と会っておしゃべりしているような気分に。
出来上がった写真をお送りする約束をして住所交換し、
そのままお別れするのが何だかとても名残惜しかったので、
お式が終わった後、ホテルのラウンジでお茶に付き合っていただいてしまった。
Sちゃんがくれた素敵なご縁。
しあわせのおすそわけを頂き、温かな気持ちで帰路についたのでした。

025

おすそわけ・その2。
余興のくじで引き当てたマカロン。

028_2
この日の招待客の中で選ばれし10人の1人に。
こいつは春から縁起が良い~

| | コメント (0)

行きたかったお店

今日は昔の職場の同僚・Yくん(♀)と久しぶりに会ってランチ。
場所どこにする~?
ふたりとも東急線沿線なので、自由が丘・代官山・渋谷・・・候補は色々あったけれど、
私が以前から行きたかったお店が三軒茶屋にあった。
でもYくんは地元過ぎて新鮮味がないかな~、と迷いつつリクエスト。

燻製料理のお店「Nube」↓
http://www.nube-smoked.com/

ここのお店で自家製の燻製をつまみながらワイン飲むのが夢だったのよねー♪
ということで、1800円の燻製ランチを注文。
http://www.nube-smoked.com/

Yくんはあまりお酒をたしなまないので申し訳ないんだけど
私一人で昼間から飲ませていただきました。
燻製はひとつひとつが繊細な味で、スモークの香りも淡く上品。
特に感動的に美味しかったのがホタテの燻製。
燻製なのに、身ががぷりぷりしていて瑞々しく、とても新鮮。
ワインがすすむ~

食べて飲んでしゃべるのに夢中で、盛り付けも美しかった燻製の写真、
撮るのをうっかり失念したのが悔やまれます。。。

本日のお魚のスープ・ブイヤベース。
付け合せのパンがまた絶品!!
自家製かと思いきや、フランスからパン生地を空輸しているのだとか。
090307_125201

「シェフの自信作」とお店の人が太鼓判押していたお肉のスープはYくんオーダー。
090307_125301

気に入った燻製をそれぞれ何品かお土産にテイクアウトし、大満足のランチでした。

食後は、腹ごなしを兼ねてYくんガイドで三軒茶屋を散策。
なんでも今年三軒茶屋は恋愛運をUPする風水パワーがある場所なんだとか。
「引っ越しておいでよ」といわれたけど、さすがにそれは無理。
でも、三ヶ月に1回くらいは遊びに来ようかなー。
飲食店も商店街も充実で実に楽しい。

散策中の商店街で楽しいモノ発見。

090307_144401

商店街の洋食屋さんのサンプル。
いまどきめずらしい~!でもすごく懐かしいなぁ。
ちなみにとなりでピザも浮いてました。

| | コメント (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »