« 祝・解禁 | トップページ | 一期一会を感じる瞬間 »

代物弁済?!

快晴の連休初日。
サントリー美術館で開催中の「巨匠ピカソ 魂のポートレート展」へ行ってきました。

081122_105101_2

初めて訪れるサントリー美術館は、ミッドタウンのビルの中にあって不思議な感じ。
商業ビルの一角に、テナントっぽく入居してますーみたいな。

ご近所にある新国立美術館のピカソ展に比べると出展作品数は半分位なんだけど、
絵画の他に彫刻も何点かあり、なかなか見ごたえのある展示でした。
特に彫刻は、平面のキャンバスではすごく難解に感じたキュビスムの表現も、
正面からだと「顔」に見えない作品が横にまわってみるとしっかり鼻とひげが見えたり。
存在するんだけど隠されている物を全部平面に描くと、ああゆう表現になるのね~。
と思って納得したり。

ところで、作品鑑賞中どうでも良いんだけど気になった事がひとつ。
作品のタイトル、製作年月日、所蔵などを記したプレートの末尾に必ず
「代物弁済」という4文字が書かれている。
一緒に作品鑑賞した博覧強記のK姉さんに尋ねてみたところ、
やはりK姉さんもなんだろうね~という事で、結局ふたりともなんのことやらわからなかった。
。。。気になる~~

展示と展示の間にピカソの年表があった。
ちょっとここでピカソの生涯をおさらいしてみましょうか。。。と立ち止まって年表に見入る。
ピカソは女性関係もかなり派手だったので、ちょっとワイドショー的興味もあり(笑)

と、年表の最後、ピカソの亡くなった後にこんな記述が。
「相続税の対策のため、遺族はピカソの作品を国家に代物弁済し。。。」

おー!!
そういうことだったのか~。なるなる。
疑問が解決してスッキリ。
いやいや、展覧会本編とはあまり関係ない事なんだけど。

ところでピカソ展、チケットもなかなかおしゃれなデザインでした。
ありがちな、画家の代表作とかではないの。
081122_105201

ミッドタウンの中にある韓国料理店「テナム」でランチ。
ランチメニューの「テナムチゲ」をオーダー。
運ばれてきたチゲは当たり前だけど真っ赤!!
081122_123901_2

でも、意外と見た目より辛くない。
野菜たっぷりで、牛筋肉も柔らか~。

おまけ。
ホールでサービスしていた男の子が中々素敵だった。
誰かに似ているなぁ。。。と帰りの電車の中でつらつら考えていたら、
韓流スターのイ・ジュンギくんにちょっと感じが似ているかも。
別に私はイ・ジュンギくんのファンではないんだけど、
興味がある方はお店行ってみてください。

|

« 祝・解禁 | トップページ | 一期一会を感じる瞬間 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

おひさしぶりぃ~

今日、新国立美術館の「日展」を見てきたよ。
お隣で「ピカソ展」やっててちょっと気になったんだけど
さすがGANKOちゃんは拝見済みだったのね

今度はランチがてらそのイケメン?(イ・ジュンギくんてのが分からないんだけど(笑))
ちょっとを拝見したいものだわ

投稿: 香音 | 2008年11月28日 (金) 23時25分

香音さま

いらっしゃいませ~
コメントありがとう。

日展とは目の付け所が渋いですね、さすが!!

イ・ジュンギくんは「王の男」という韓国映画で大道芸の
女形を演じていたのが印象的です。
その後ちょっとブレイクして、日韓合作映画で宮崎あおいと共演してました。
(タイトル出てこない。。。)

投稿: GANKO | 2008年12月 1日 (月) 20時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 祝・解禁 | トップページ | 一期一会を感じる瞬間 »