« ウィキッド | トップページ | 給水ポイント »

薄紅色の。。。

今日は八王子へお茶とお花の稽古に行ってきました。

八王子の駅から先生のお宅まで、

いつもてくてく20分程の道のりを歩いて行きます。

八王子市民会館前の大通り、両脇のハナミズキ並木が花盛り。

20080419_1

そうだった。

桜が終わるとハナミズキの季節。

歩みをゆるめゆっくりと歩きながらハナミズキを鑑賞。

有名な歌には「薄紅色の~」と歌われてるけど、

私はだんぜん白が好きだわ。

今日が晴天だったら、

青空とグリーンの葉っぱに花もさぞかし映えただろうに。

お花も人も、咲く時は選べないのかな。

茶道は今日で『炉』のお稽古が終了。

茶道では四月で冬の季節が終わり、五月からは『風炉』

いわゆる夏のお点前に移行します。

四月は、今日を含めもっぱら「透木釜」(すきぎがま)

と呼ばれるお稽古をしました。

http://www.osakanews.com/mite-mite-kansai/urasenke030418.htm

通常の茶釜よりフチが出っ張っているのは、

これから暖かくなり汗ばむ季節、出っ張ったフチで炭の火を隠す、

というお客様への配慮だそうです。

お茶の世界は結構芸が細かい。

「おもてなし」に対する感性が鋭い。

年がら年中同じ事を延々繰り返すわけではなく、

その時期にしかできないお稽古が存在するのです。

私もお茶の世界をかじって初めて知りましたが。。。

|

« ウィキッド | トップページ | 給水ポイント »

趣味」カテゴリの記事