« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月

イケメン♂パラダイス?!

先週金曜日、職場で歓迎会を開いていただきました。

ほぼ全員が揃った19:30過ぎ頃から会はスタート。

マネージャーA氏の音頭で、最初自己紹介をすることに。

案の定というか、最初からある程度予想はしていたんだけど、

「26歳です。」

「○○より一年先輩の27歳です。」

「自分は28歳です。ここの部署では真ん中位になると思います。」

きゃー

みんな、若いよう~ 。

(干支一回りしちゃうじゃんか)

言いだしっぺ~のAマネージャーが、

「厄年終わりました。」と言うのを聞いて胸をなでおろす 。

自己紹介が一巡し、いよいよ私の番になったところで、

「もう年齢の話題はやめましょお」と強引に食い止めてみました(笑)

男子20代中心の職場。

「ケンタロー」「しょういちさーん」「リュウスケー」

などとファーストネームで呼び合うのが新鮮。

(オヂサン同士ではありえない。)

んで、時々ボーイズトークで盛り上がる 。

(木村カエラちゃんの歌にグッとくるらしい。)

(結婚式二次会で出逢った幼稚園の先生にキュンとしちゃうらしい。

幼稚園の先生ってもてるのね)

ドンくさい言動を職場でやらかして、

「だからおばさんは。。。」な~んて思われないようがんばらなければ。

みんな優しくて真面目そうな感じなので、あからさまにそういう態度は

されないと思うけれど、

若い男子だらけの職場って意外と緊張しますね。。。

今までは、職場のオヂサンの加齢臭が気になる立場でしたが、

これからは自分が加齢臭発散しないよう気をつけなければ。

|

11月の声をきくと

また今年も茶道教室の「炉開き」(ろびらき)の季節が巡ってきました。

去年もこの時期に「炉開き」の事を日記に書いていたので、読み返してみる。

懐かしい~。

そして、一年経つのって早いわぁ。。。

通常「炉開き」は11月中の暦の良い日に行うらしいのですが、

土曜日限定のお稽古の為、生徒さん&先生の都合を調整していくうち、

仏滅の炉開きになってしまいました。

今年は例年よりバージョンアップして先生が簡単な懐石を用意してくださいました。

619795469_143s

「簡単な」といっても、一品一品がすっごく手が掛かっている 。

胡麻豆腐は一から先生の手作りだし、

里芋しんじょのあんかけには、菊の花が。

レシピをうかがったけど、多分私再現できない。。。

食べるの専門でいいです。なさけない弟子だ。

炉に炭をくべて火をおこしお湯を沸かすのですが、

(お稽古の時は電気コンロを炉に仕組んでお湯を沸かす)

本物の火の威力はやっぱりすごいです。

お茶をたてるとき、湯けむりで手元のお茶碗に入れた

お湯の量が確認できなかったりするので、

日頃からだいたいの量の重さを体で覚えておかないと。

でも、炭火で沸かした湯でたてたお茶は、

体が芯から温まる気がするなあ。

619795469_133s

今妙蓮寺の境内で咲きほこっている桜です。

「御会式桜」(おえしきざくら)、毎年秋になると開花します。

この時期に桜ってふしぎ。

でも、よくよく近づいて見ると、お花はちゃんと桜の形をしています。

実は昨日の日記にアップしたのですが、

編集で色々いじり回しているうちに誤って消滅

気を取り直して、もう一回アップしてみました。

8月から取り組んでいた就職活動もようやくピリオド。

来週月曜日から新しい職場で仕事です。

正規雇用・年俸制の仕事なので、カレンダーのお休みの多さに

一喜一憂しなくてもすむと思うとささやかにうれしい。

振りかえると、色んな出来事って無関係なようで、

実は連綿とつながって起こってくるんだなーと思います。

去年の私がなかったら、去年の経験がなかったら、

今の私もいなかった。

良い事も、悪い事も。

茶事の世界では新たな一年が始まり、

地元のお寺では季節はずれのサクラサク。

来週から今までノンビリした分を取り戻すべくがんばります!!

|

ラーメン放浪記その2

ラーメン放浪記、その2です。

横浜 【札幌や】

617615414_70s

横浜でお買い物して小腹が空いたときによく行くラーメン屋さん。

あと、正月休みが終わって横浜に戻ってきた時にも必ず行きます。

【札幌や】というからには、ここのお店の売りは味噌ラーメンなのですが、

写真は塩ラーメン^^;

やー、前の日飲み過ぎちゃってさー

塩ラーメンも結構美味しいっす。

でも、ここのお店、チャーシューがいまいちなんだよね。。。

(それも○年前から変わらず。。。伝統か?!)

横浜【壱八家】

617615414_93s

私がいつも行っている美容室の美容師サン(20歳代・♂)とラーメン談義で盛り上がり、

彼のオススメのお店を聞いたところ、ここを教えてくれました。

初めての「家系」だぁ~ 。

こってり・ギラギラ・麺太め。

なるなる~、20代男子の好きな味はこれかー 。

と、思わず社会勉強させていただきましたわ。

(店内に流れる音楽も、オレンジレンジ、AI、伊藤由奈だもんね)

体力&気力がみなぎっている時は、こうゆうラーメンもいいかもね。

銀座【ど・みそ】

617615414_105s

銀座に出る用事があったので、最近話題のラーメン屋さんへGO♪

なんでもTV番組で紹介があったらしく、夕方6時30分過ぎに

行ってみると、お店の外まで行列が。。。

でも、私一人だった事&回転早い事もあり、すぐにお店に入れました。

ここも札幌ラーメンの系譜になるのかな?

先に紹介した【札幌や】がマイルドな白味噌なら、

こちらのお店はワイルドな赤味噌。

で、チャーシューが美味しい 。

出されたときはトッピングのてっぺんに乗っかってるチャーシューですが、

スープかけて暖めて食するのが良いです。

口の中で「ホロホロ。。。」と崩れていく食感がたまりません!!

トッピングのしゃきしゃきモヤシも美味しい 。

(ちゃんと根を取って下処理されてます。小栗旬くんも気に入ると

|

秋のドラマ

早いもので11月。

10月スタートの秋のドラマ。。。実は。。。

ほとんど見てません( ̄▽ ̄;)

TV見る時間はクサルホドあるのに(自嘲)

毎回じゃないけれど、かろうじて数回見たのが

月9「ガリレオ」、火10「有閑倶楽部」、水10「働きマン」。

月9見るのは去年の「のだめ」以来だけど、原作がしっかりしているのと、

一話完結の所が見やすくていいなーと思います。

しっかし毎回犯人役に豪華ゲストを迎え、旭化成とのコラボCM、

お金を湯水のごとく使ってるのが丸分かりですフジTV

「有閑倶楽部」は原作マンガの大ファンだったので、

まずKAT-TUNの二人が思いっきりミス・キャストだぁ~

「魅録」(赤西君)が無理矢理主役っていうのも不自然だし、

「美童」(田口君)の役だって、もう少ししっくりくるハーフの若手役者、

探せばいくらでもいると思う。

原作者はこのキャスティングで満足してるのかなぁ。。。

「働きマン」は久しぶりに見るドラマの速水もこみちの劣化現象にびっくり

彼の顔がアップになるたび「あれ(?_?)いまいち」

とハラハラしてしまいます。

友だち曰く「菅野美穂の彼氏役の人が普通にかっこ良くてほっとする」そうです。

ドラマ・夜の部はこんな感じで全滅状態ですが、

結構欠かさず見ているのがNHKの朝ドラ「ちりとてちん」。

先日電車に乗っていたら、隣の席の熟女ペアが

偶然朝ドラの話をしているのに遭遇。

熟女A「私、B子の役の女の子嫌い。」

熟女B「あらそーお。自分の娘より若い子に好きとか嫌いとか感じないわ。」

熟女A「なんか顔がうるさくていやなのよ。それより、B子の友だちの子いるじゃない、

ああいう顔って私好きだわー。」

熟女B「ああそうねー、あの子スッキリした知的な顔立ちよね~。」

などと延々盛り上がっておりました。

っそろしい事に私、話題に全部ついていけちゃったよ。

(朝ドラ見てない人は「B子?なんじゃそら。」の世界でしょう。)

|

たまには芸術の秋

昨日の日記を読み返して殺伐とした自分をちょっぴり反省し、

今日は派遣会社の登録会で都内に行きがてら、

銀座のブリヂストン美術館へふらりと寄ってみた。

セザンヌの企画展示期間中だったので、

平日の午前にしては結構お客さんがパラパラと入ってくるけど、

某国立美術館で宣伝しまくっている企画展に比べたら余裕。

610274473_85s

展示室の真ん中に置いてあった革張りのソファに腰掛けて、

モネの睡蓮の絵をずーっと15分くらい見ていた。

「こうゆう美術館が銀座のど真ん中にあるのっていいなぁ」

「この近くで働くことになったら昼休みに来れるな」

頭の中は絵とは関係ない雑念ばっか^^;

でもたった800円で心のヨゴレも洗い流せたので、まいっか。

|

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »